<TBS金曜ドラマ>インハンドが 2019年4月12日(金)夜10時から、TBSでスタートしました。

初回は15分拡大スペシャル!

世界一優秀な義手を操る変人天才科学者が、正義感の強い熱血助手とやり手美人官僚と力を合わせて、難事件を解決していくサイエンスミステリー!

イブニングに掲載中の漫画「インハンド」が原作になっています。

主演は山Pこと、山下智久さん!

熱血助手に濱田岳さん、美人官僚に菜々緒さんを迎え、どこまで視聴率が伸ばせるのでしょうか!?

ここでは、【インハンド】1話のネタバレ・感想・視聴率をまとめてご紹介していきます!


※ネタバレも含まれているので、まだ放送を見ていない方はご注意ください!


スポンサードリンク

【インハンド】1話の動画とあらすじ

【インハンド】1話の公式予告動画


「天才に不可能はない」という紐倉博士、かっこよすぎます!

菜々緒さんと蛇の2ショット、お似合いすぎると思うのは私だけでしょうか・・・?w

【インハンド】1話のあらすじ

寄生虫学者・紐倉 哲(山下智久)は、関東近郊にある巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。人嫌いでドSな変わり者だが、博識で天才的な頭脳を持つ男だ。右手がロボットハンドの義手であるのも特徴である。
そんな紐倉のもとに、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野巴 (菜々緒)という美人官僚が訪れる。サイエンス・メディカル対策室とは、科学機関や医療機関で起きるあらゆる問題に対処するチーム。科学が進歩しグローバル社会になったことで、従来の概念を超える未知の病気や事件など様々な問題が起こっており、それらに対処するために設立された部署だ。そんなサイエンス・メディカル対策室に、匿名の告発状が届いたという。その内容は、ある病院で心筋梗塞により亡くなった複数の患者が、日本では滅多に見られないシャーガス病という感染症にかかっている可能性があるというもの。シャーガス病の感染者がもし本当に国内にいたら、大変なことになる。並みの医者や科学者では対応できないと考えたサイエンス・メディカル対策室は、牧野に寄生虫や未知の生物、病気にも詳しい紐倉のもとを訪ねるよう指令したのだ。好きな研究だけしていたい紐倉は役人への協力などまっぴらごめんだったが、牧野から出されたある交換条件に食いつき、力を貸すことに。紐倉と牧野は早速、感染が疑われる患者の処置をした医師・高家春馬(濱田 岳)に会いに行く。高家の協力も得て調べを重ねていくと、10年前に起きたある事件が浮かび上がってきて…。

出典: TBS「金曜ドラマ『インハンド』公式サイト

牧野から出された交換条件ってなんでしょう・・・

気になります!!


【インハンド】1話の視聴率

【インハンド】1話の視聴率は11.3%でした!
なかなかの好スタートですね!


スポンサードリンク

【インハンド】1話のネタバレ

オープニング

フィールドワーク中、紐倉 哲(山下智久)の肩の上に一匹のサルが乗ってきます。

「なんだ君は?僕の助手でもしてくれるのか?」

本編ネタバレ

高家(濱田岳)の働く「台田総合病院」へ、ふたりの患者が救急搬送されてきた。

会田貞一さん、胸が苦しいと駅前で倒れ、病院で心配停止。

堀辺義照さん、ホテルのレストランで倒れ心配停止。

高家は、心配停止になったふたりの患者のまぶたの腫れに気づく。

感染症を疑った高家は、解剖したいと黒野院長(正名僕蔵)に相談するが、遺族の心情を第一にと許可してもらえなかった。

内閣官房サイエンス・メディカル対策室へやってきた牧野(菜々緒)。

都内の病院でめずらしい寄生虫が出たもしれないので、専門家の意見を聞いてきてほしいと、室長の網野(光石研)に頼まれる。

牧野は、変態だと噂の紐倉博士に会いに、箱根の紐倉研究所を訪ねる。

やたら大きい研究所の温室を抜け、研究室へ入り、紐倉博士に声をかけると、「静かに。今大事なとこだ。」と、言葉をさえぎられる。

マンソン裂頭条虫の幼虫を顕微鏡で見ながら「可愛いなーセクシーだなー」とつぶやく紐倉博士。寄生虫への愛が半端ない変人にしか見えない。

牧野は自己紹介を済ませると、匿名で届いた告発状を紐倉に差し出す。

告発状の内容は、「今月、世田谷区の台田総合病院で、心筋梗塞で亡くなった患者が複数でている。実は彼らはシャーガス病に感染している疑いがあり、病院がその事実を隠蔽している。」というものだった。

シャーガス病とは、中南米では最もポピュラーな感染症のひとつで、トリパノソーマ(通称トリパちゃん)という寄生虫が体内に入って引き起こす感染症。

トリパちゃんが体内に入るのには、サシガネが媒介するのが一般的。

人間の血を吸い満腹になったサシガネは、必ずそこでフンをする。

その状態で腕をかくと、フンが傷口にすり込まれ、そこで人間に感染。トリパちゃんは心筋組織が大好きで、徐々に心臓を肥大させ、ある日突然心臓が止まる。

人を刺す野生のサシガネは日本に存在しないため、サーガス病患者もほとんどいない。

牧野は、今回の感染源はまだ特定できておらず、実はまだ本当にシャーガス病かどうかも判明していないため、まずは、告発状の信憑性を確かめてみないことには・・・と言う。

紐倉博士は10年間前、サシガネが混入したオケヤ食品の製造でシャーガス病患者が出たことを思い出しす。

力を貸してくださいという牧野に、「だって面倒くさいんだもん」と即答で断る紐倉。

そんな紐倉に、「そういえば博士、パスポートを止められてるらしいですね?持ち込んじゃいけないサル、密輸しようとしたらしいですね?寄生虫学者って海外にフィールドワークしに行く人、多いんですってね?私この間まで外務省にいたんです。停止処分の見直し、頼めないこともないですよ?」と、持ち掛ける牧野。

パスポート欲しさに紐倉は、牧野を手伝うことに。

(この持ち込んじゃいけないサルが、オープニングで紐倉に懐いていたサルだったのかもしれないですね!)

ふたりは、シャーガス病の内部告発があった台田総合病院へ向かう。

そこで、医局に潜入し高家のデスクを見た紐倉は、内部告発者が高家であることに気づき、ふたりの患者の様子を詳しく話してほしいと言います。

そんなとき、高家に急患の連絡が入る。

急患で運ばれた、桶屋昇のまぶたにも腫れが。

そして、この桶屋は10年前にシャーガス病患者を出したオケヤ食品の社長でした。

牧野は、内閣官房サイエンス・メディカル対策室へ戻り、10年前の事件を調べます。

もともとオーガニック食品として売り出した、「チチクチオイル」。

肌に塗ると美容効果があると謳い出し、一気に火が付いた。

肌荒れやアレルギー性皮膚炎に効果があると触れ込んだが、結果シャーガス病患者を7人出し、多くの訴訟で多額の負債を負ったオキヤ食品は倒産。

また、チチクチオイルは、厚生労働省認可の特定保健用食品として認可されており、厚労省にしては触れられたくない、封印したい古傷。

そのため、室長に「その案件、少し寝かすか」と、たしなめらますが、「私絶対解明しますから」という牧野。

牧野が、紐倉研究所を訪ねると、内部告発者の高家が、シャーガス病の疑いで亡くなったふたりの血液サンプルを持ってきていた。

早速、血液サンプルを調べる紐倉。

顕微鏡を覗きながら

「なんだよその腰使い、セクシーだなー」と呟く紐倉。

血液サンプルには、トリパちゃんがウジョウジョ。

最初のふたりもシャーガス病で間違いないと確信します。

こっそり持ち帰った桶屋の血液サンプルにも、トリパちゃんが元気に泳ぎ回っていたことから、牧野は10年前のチチクチオイルが原因ではないかと考えますが、ロマーナサイン(目が腫れる症状)が虫に刺されたのは最近であって、トリパちゃんに感染したのが妥当であると、高家と紐倉は言う。

誰かが持ち込んだのかもしれない。

バラまいている人がいるかもしれない。

患者の共通点は、黒野医院長の知り合い。

紐倉は台田総合病院へ電話をかけようとするが、内部告発をしたことがバレたら困ると高家は紐倉を止める。

「中途半端な正義感は周りを不幸にするだけだ」

と喧嘩をはじめそうなふたりを、牧野が止める。

「博士はパスポートが欲しいでしょ?あんたは正義を貫きたい、私は仕事が認められてなるはやで外務省にもどりたい、だから三人で手を組むの。何か問題ある?」

と言って、契約成立。

まずは、10年前オケヤ食品が起こしたシャーガス病事件から調べることに。

最初に心筋梗塞を起こした、会田さんは10年前オケヤ食品の工場長。

堀辺さんは、厚労省のチチクチオイルの輸入担当者だった。

オケヤ食品のシャーガス病の犠牲者は7人、その中の江里口(風間杜夫)の娘は、シャーガス病を苦に自ら命を絶っていた。

江里口さんの家を訪ねる、紐倉と高家と牧野。

当時アトピーに悩んでいた江里口の娘はチチクチオイルでアレルギーを治そうとして、シャーガス病に感染しており、娘がどんなに苦しんでいたか分かってほしくて、江里口はあえて一番ひどい写真を飾っていた。

翌日の会議で、室長の網野がシャーガス病についての報告中、厚労省の倉井次官(相島一之)が、厚労と台田総合病院で共同で内部調査を実施、その結果を報告したいと乗り込んできた。

チチクチオイルをトクホ認定した際の中心人物だった倉井は、高家が血液サンプルを入れ替えたたと真実を捻じ曲げた。

黒野院長(正名僕蔵)は虚偽の医療過誤を捏造したとして、高家を懲戒解雇に。

全くの捏造だと訴える牧野だが、「役人の世界では、上が白っていったらカラスだって白くなるんだよ!」と、大臣から手を引けと言われた網野は、牧野にも諦めろと言う。

これに対し牧野は、これは復讐で、次の被害者が出るかもしれないと訴える。

しかし、室長は、証拠がない諦めろという。

紐倉研究所に集まっていた牧野と高家。

証拠がないと憤慨する牧野。大学の医局からも追放だと落胆する高家。

そんなふたりに、犯人のところへ行こうかと、紐倉は言う。

江里口が、自宅の庭でさとうきびを育てていたことに気づいていた紐倉。

さとうきびは、おそらくサシガネの餌だと言う。

サシガネが見つかれば、決定的な証拠になる。

牧野はマッハで対策チームを立ち上げるために、職場に戻る。

「サシガネたちに会いに行こう。・・・歯を磨いたら。」

紐倉と高家は、サシガネを探しに江里口の家へ行くことにした。

その頃、江里口はタクシー運転手となり、倉井を待ち伏せ。静かなところでお話しましょうと、倉井を拉致していた。

「天才に不可能はなーい」

そう言って、江里口の自宅に侵入する紐倉と高家。

職場に戻った牧野は、室長に対策本部を立ち上げてほしいとお願いするが、倉井次官と連絡が取れないと室長に聞かされる。

江里口の自宅裏にある小屋で、サシガネを見つけた紐倉と高家。

江里口は、感染したサシガネのフンだらけのケージを高圧洗浄して、トリパノソーマ水をつくっていたのだ。

しかし江里口に見つかり、スタンガンで気絶させられてしまった。

ふたりが目を覚ますと、拉致された倉井次官が椅子に縛られていた。

サシガネの入った袋を、倉井のあたまに被せようとする江里口。

罪には罰を与えないといけない、罰を与えて罪を思い知らせるしかないという、江里口。

弱くて愚かだった人に罰を与えても、娘さんは喜ばないという高家。

そんなふたりに「憎むべきは人じゃない。シャーガス病そのものだ。」と紐倉は言う。

「いつか、アレルギーに役立つ薬を作ってよ」

「これほどのものを作った情熱があれば、江里口さんにもできるんじゃない?」

「そしたら将来、娘さんと同じ苦しみを持つ人を救えるんじゃない?」

そう、江里口さんを諭す紐倉。

しかし「私にはもう未来はない」という江里口。

そんな江里口に

「どんな生き物にも未来はあるよ」と紐倉言い、江里口は泣き崩れた。

厚労省は、自分たちで膿を全部出し切ったことにして、今回の手柄をすべて横取り。

牧野は「いつか絶対リベンジするから」と、さらにやる気に。

職探しをしていた高家の元へ、紐倉が偶然を装って現れる。

医者は向いてないという高家に「どうして医者になろうと思ったの?」と紐倉はたずねる。

「人の命を救いたくて」という高家に、

「だったら、医者じゃなくてもできるだろ?」と紐倉は言う。

「そうだな、結局医者も無力だよ」という高家。

そんな高家に紐倉は言う。

「君の言うことも一理ある。確かに僕らは無力だ。今打つ手がない、目の前で死んでく患者に対しては。だけど、未来に対してはどうだ?

僕らが今いい治療を受けて健康に暮らせるのは、過去の研究者が研究を続けてきたからだ。僕らもそうすればいい。もっと遠くをみて、100年後か200年後か。誰も無力じゃない。僕も君もね。

ー未来は僕たちの手の中にある。」

「給料は前の倍払うよ」

「僕の助手にしてあげるって言ってんの。」

と、紐倉は高家をスカウトするが、

高家は、

「お前の助手なんかついたら、俺の人生おしまいだ。100回生まれ変わってもお前の助手だけはごめんだ!」と叫ぶ。

後日、「今日から助手としてお世話になります。」と、荷物を持って、紐倉研究所を訪ねる高家。

だが、ツンデレな天才科学者は「間に合ってます」といい、知らん顔をして扉を閉める。

「開けてください!すべてを出払ってきちゃったので、すみませーん!なんでもしますから!」と叫ぶ高家。

そんな高家の声を、ドアの向こうで聞きながら、紐倉は笑顔を見せていた。


【インハンド】1話の感想と考察

「そういえば博士、パスポートを止められてるらしいですね?持ち込んじゃいけないサル、密輸しようとしたらしいですね?」

牧野が言っていたこのセリフ。

持ち込んじゃいけないサルは、オープニングで出てきた紐倉に懐いていたサルだったのではないかと思いました。

このサルを連れて帰ろうとして、紐倉はパスポートを止められたのではないでしょうか。

1話では、あまり笑顔を見せない紐倉でしたが、実は心の優しい人なのかもしれません。

紐倉教授と高家と牧野のやりとりも、とても面白かったです。

特に、紐倉教授と高家のやりとりは、好きな女の子にいじわるしてしまう男の子のようで、ほのぼのしました!

「僕の助手にしてあげるって言ってんの。」と言っていたところや、ラストのドアを閉めて高家のお願いを聞きながら笑顔になる様子。

ちょっとドSな感じが女子にはたまらないのではないかと思います。

原作はまだ読んだことはありませんが、山Pが紐倉、濱田岳さんが高家、菜々緒さんが牧野というのは、まさにハマり役なのではないかと思いました。

初回ですが、配役に違和感なく楽しめました。

今クールで一番お気に入りのドラマになりそうです。

なにより山Pがかっこよくて素敵です!