<TBS金曜ドラマ>インハンド2話が 2019年4月19日(金)夜10時から、TBS系列で放送されました!

1話の最後で高家(濱田岳)が、紐倉(山下智久)の助手になりましたね。

ストーリーも楽しみですが、 ふたりの掛け合いも、とても楽しみです!

それでは、 【インハンド】2話のあらすじ・ネタバレ・視聴率・感想をまとめて紹介していきます!


※ネタバレも含まれているので、まだ放送を見ていない方はご注意ください!


スポンサードリンク

【インハンド】2話の動画とあらすじ


【インハンド】1話の公式予告動画

予告動画のラスト、セグウェイで走る紐倉の後を必死で追いかける高家が可愛すぎます!

【インハンド】2話のあらすじ

変わり者だが、天才的な頭脳を持つ寄生虫学者・紐倉哲(山下智久)は、巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。
一方、医者としての道を断たれて紐倉の助手になったお人好しの高家春馬(濱田岳)は、早速ドSな紐倉からいいように使われていた。
ある日、病院から紐倉の元に感染症の疑いがある意識不明の女性について、調べてほしいという依頼が来る。紐倉がその女性の血液を調べてみると、“ハートランドウイルス”という日本ではまだ発見例のないウイルスが検出された。紐倉と高家は感染ルートを調べることに。感染女性の自宅を訪ねてみると、出てきたのは9歳の息子・渉(込江大牙)だった。母親について話を聞くが、渉には心当たりはないようで……。
そんな中、新たな感染者が出たという連絡が入る。情報を聞きつけた内閣官房サイエンス・メディカル対策室の牧野巴(菜々緒)が、紐倉たちの元へ飛んでくる。紐倉、高家、牧野は、再び3人で力を合わせて問題解決に挑んでいく。だが調べを進める中で、予想外の事実が明らかになり……。


出典: TBS「金曜ドラマ『インハンド』公式サイト

【インハンド】2話の視聴率

【インハンド】2話の視聴率は9.5%でした!

こんなに面白いドラマ、もっと上がってもいいと思います!


スポンサードリンク

【インハンド】2話のネタバレ

オープニング

野原でマダニを捕まえる紐倉と高家。
高家は、紐倉の助手になったことをもう後悔している様子。

1話でシャーガス病の成果を厚労省に取られた牧野は、やる気満々。
これからは自分で仕事を取りに行くと、砕石なアドバイザー探しをはじめた。

紐倉研究所へいき紐倉に頼むが、「役人の手伝いはしたくない」と断る。

お金もらえるんでしょ?と諭す高家だが「東京ドーム1個分の入るこの植物園をキャッシュで買った僕が、お金に困ってると思う?」と返される。

薬の特許料で紐倉はお金には困っていないよう。

牧野が帰ったあと、「どうやら目当てのマダニはいなかったようだな」とつぶやく紐倉。

紐倉は、感染症センター滝島病院へ。原因不明の感染症で入院していた金井の血液サンプルを受け取った。

持ち帰った血液サンプルを調べると、ハートランドウイルスに感染していることを突き止める。

日本ではまだ発見されてないウイルスに、「ゴージャスだねー、名前がいいよねー」と相変わらずの変態っぷりを発揮する紐倉。

ハートランドウイルスを媒介するのは、シカダニ。

紐倉は、シカダニに会いたい一心で、シカダニを探すことにした。

本編ネタバレ

アドバイザー探しを続けている牧野は、鈴川教授へ会いに行くが、海外の研究所へ行くことが決まっていると、断られた。

よければ、誰かを繋ぎましょうかと、牧野の持っているリストを確認すると、紐倉の名前を見つけた。

紐倉は優秀でアメリカの研究機関に引き抜かれたすごいドクターだと言う。

紐倉と高家は、シカダニを探しにハートランドウイルスに感染している金井の家を訪ねる。そこには、金井の9歳になる息子、渉 (込江大牙)がいた。

高家の元へ滝島病院から、電話が入る。
滝島病院には、金井と同じ、ハートランドウイルスに感染した患者が7人運ばれてきていた。

感染3日目、金井は帰らぬ人となった。
渉は「おかあさん行かないで」と泣き叫んだ。

病院で 感染した患者を検査したところ、シカダニに噛まれた跡は見つからなかったと聞かされた紐倉。

紐倉は、人から人へ感染する可能性を指摘した。

感染しても健康なままでいられる特異体質を持ち、たくさんの人にウイルスをばらまく人間がまれに存在する。
そういう人間を、スーパースプレッターという。

翌日、牧野は感染者の関係を調べ始める。
感染者全員が、相原と接触していたことを突き止めた。

相原は、金井の別れた夫、渉の父親だった。

連絡を受けた紐倉と高家は、牧野の到着を待たず相原の家へ乗り込む。
ドアを開けると、相原は既に亡くなっていた。

相原は、金井には内緒で金井と会っており、スーパースプレッターは渉かもしれないと紐倉と高家は気づく。

金井の葬儀を終えた渉と、渉の柔道のコーチが金井の自宅にいるところへ、厚生労働省の人間が押し掛ける。対応している渉の後ろで、柔道のコーチたくちゃんが倒れた。

病院で調べた結果、渉はハートランドウイルスに感染しており、シカダニに噛まれた跡も見つかった。 スーパースプレッターは、渉だった。

本人に伝えるべきだと言う紐倉。
お前には人の心がないのかと怒る高家。

紐倉は研究所に帰るぞというが、 高家は病院に残った。

翌日厚労省がやってきて、本人へ感染の事実を伝えるという。牧野は自分にまかせてほしいと厚労省に頼んだ。

牧野は、ハートランドウイルスに感染していると渉に告げる。
病気が表に出てこない特別な身体だから、命が脅かされることはないと伝えるが、お父さんとお母さんに会えるかと思ったのに、僕独りぼっちだからと言う渉。

渉は、飼っていたカラスアゲハの世話を紐倉にお願いしてほしいと牧野に伝えるが、紐倉はこの頼みを断った。

渉はテレビで自分の母親が自分のせいで亡くなったことを知る、また自分が走る生物兵器だと言われているのを聞き、渉は病院を抜け出した。

渉は紐倉博士の研究所へ来ていた。研究所には、渉の飼っていたカラスアゲハがいた。

そこへ、渉を探しに高家と牧野がやってきた。
近づこうとする高家に、「来ないで、僕兵器だから 、うつっちゃうから!」と叫ぶ渉。

「僕は生きていたらいけないんだ」と言って泣く渉に、「めそめそするなこっちへ来い」という紐倉。

紐倉は、犬の元へ行き、「僕の右腕はこいつのせいでダメになった」と話しはじめた。

「でも、僕はこいつを恨んでなんかいない。それどころか一緒に住んでる。悪さをしたのはあの子じゃない。病原体だ。お前のお母さんもきっとそう思うに違いない。それにこいつのおかげで、お前にだって触れるぞ。」

そう言って、義手で渉に触れる紐倉。

「お前はこれから、病院からなかなか出られないかもしれない、でも忘れないでほしい。お前は人類の希望なんだ。不思議な力が備わっているのかもしれない。だから人類を代表してお願いする。僕たちの未来のために生きてくれ。お前は兵器なんかじゃない、僕たちの救世主だ。」と渉を諭した。

スーパースプレッターは、加害者ではない、病原体に侵された被害者だ、今後ウイルスを開発を目指すうえで、貴重な存在だと会見する室長。

紐倉研究所で片づけをしていた高家は、ワクチンを見つける。

ハートランドウイルスに効くのではないかと思い、紐倉が用意したものだった。

紐倉のことをひどい奴だと思っていた高家は、紐倉のことを見直す。

しかし、渉に話した右手を失った話が嘘だったと知ると、「お前最低だな!」と吐き捨てた。

牧野は鈴川と会っていた。
紐倉のことが気になって調べたという。

紐倉はDCD(アメリカの疾病予防管理センター)と揉めて、アメリカのさまざまな学会から除名処分を受けていた。

紐倉研究所では、犬が心配そうに紐倉の部屋を覗いていた。
高家がその先を除くと、右腕を押さえ痛みに耐える紐倉の姿があった。