<TBS金曜ドラマ>インハンド3話が 2019年4月26日(金)夜10時に、TBS系列で放送されました!

2話の最後で右腕を押さえ激痛に堪えていた、紐倉(山下智久)。

一体どうしてしまったのでしょうか!?

それでは、 【インハンド】3話のあらすじ・ネタバレ・視聴率・感想をまとめて紹介していきます!


※ネタバレも含まれているので、まだ放送を見ていない方はご注意ください!


スポンサードリンク

【インハンド】3話の動画とあらすじ

【インハンド】3話の公式予告動画

高家 (濱田岳) が拉致されて、命の危機に・・・!?

【インハンド】3話のあらすじ


変わり者だが天才的な頭脳を持つ寄生虫学者・紐倉哲(山下智久)は、巨大な植物園を改造した自宅兼研究室で、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。
ある日、紐倉は助手の高家春馬(濱田岳)を連れて、大学時代の先生であり、現在はパナシアンビューティーという美容団体のCEOを務める瀬見まき子(観月ありさ)の講演を聞きに行く。

パナシアンビューティーでは、上級会員向けに「不老不死」を謳い文句にしたアンチエイジング治療が試験的に行われていた。だがその治療を受けた会員の数名に、認知症に似た症状が現れていることが発覚。治療による副作用なのか?

疑いを持った紐倉は、高家と官僚の牧野巴(菜々緒)と共にパナシアンビューティーの内情を調べ始める。瀬見が異常なまでに“若さ”に対して執着を持つのには、過去のある出来事が関係していた・・・。
そんな中、高家に死の危機が迫る・・・!


出典: TBS「金曜ドラマ『インハンド』公式サイト

【インハンド】3話の視聴率

【インハンド】3話の視聴率は9.1%

ほぼ前回と同様の数字となりました!


スポンサードリンク

【インハンド】3話のネタバレ

オープニング

ベニクラゲを頼んだのに、水クラゲが届いたことに不満を言う紐倉。

「水クラゲだって、ストレスを軽減する効果がある」という高家。

「僕にストレスなんてない」という紐倉だが、高家は右腕を押さえ激痛に堪えていた紐倉を思い出す。

「ベニクラゲは不老不死の生物と言われている」という紐倉。

ふたりは、 パナシアンビューティーのセミナーに参加していた。

そこでは、 パナシアンビューティーという美容団体のCEOを務める瀬見まき子(観月ありさ) が「ベニクラゲはテロメナーゼという酵素を分泌することで、細胞分裂を永遠に行うことができ、アンチエイジング治療に流用できないかと考え、自身もテロメナーゼ治療を行っている。科学者としての真の目的はアンチエイジングのその先、不老不死だ」と説明していた。

説明の途中で、言葉に詰まっていた瀬見。
それを見て、 紐倉は首をかしげていた。

瀬見は、紐倉の大学時代の応用生物学の先生で、そのころから全然変わってない。むしろ若返ってる。と高家に説明する紐倉。

「テロメナーゼ治療とはなんなのか詳細はわからないが、若返りに効果がある治療をしているのは間違いないね。」と言う紐倉。

上級会員専用専用ラウンジへ勝手に入っていく紐倉。

テロメナーゼ治療のパンフレットの中にある、 「ベニクラゲから生まれた点滴治療法」の文字に目を付けた紐倉。

瀬見CEOに詳細を聞きたいとスタッフに伝えるが、アポがないと通せないと断られる

セミナー後、商品を大量購入した牧野(菜々緒)に遭遇する。

商品を購入したのは、自分のためではなく、調査のためだと言い訳をする牧野。

牧野は女優の園田イズミが、認知症を疑われているとの情報をキャッチ。パナシアンビューティーの上級会員になったころから、 症状が現れはじめ、調べてみたら、ほかにも4人の上級会員が認知症に似た症状になっており、テロメナーゼ治療の副作用を疑っているという。

「僕は忙しいんだ」と一度は調査を断った紐倉だが
「恩師が悪行に手を染めているなら、お前が止めてやるべきじゃないのか」と高家に言われ、、大学時代瀬見の助手であった瀬見の妹を思い出し、 気が変わった協力するという 。

上級会員になったところで治療の羨望は明かされないため、ホルモンに関する論文を書き、送ろうと言った。

本編ネタバレ

牧野は、パナシアンビューティーのナンバー2の鈴木が、アロハシャツを着た胡散臭い男と揉めているのを目撃する。

紐倉は2時間考え、マンソン裂頭条虫の長寿効果についての論文を思いつく。

捏造用の実験データを用意していた高家。

高家は、論文の捏造には反対だと思っていた紐倉は、意外だなという。

「お前の助手をはじめてから、少し目先が変わった、今は100年先を見てる」という高家。

「瀬見は昔からあんな感じなのか?」と聞く高家に、「そんなことない。いい研究者だった」と大学時代を思い出す紐倉。

ウェルナー症候群の妹のために、いつかふたりでベニクラゲを研究して、老化を防ぐ治療薬を開発したいと言っていた、瀬見。

ウェルナー症候群は早老症の一種で、世界で3000件の症例が報告されているが、その6割は日本人だという。

瀬見の妹は、今は亡くなっているだろうと、紐倉は言った。

牧野は、アロハシャツを着た胡散臭い男の身元を割り出していた。

アロハシャツの男は小林千治、国際的な人体ブローカーだった。胎盤、腎臓、骨、腱、なんでも売りさばき移植コーディネートも引き受ける。

また、小林の交友関係を調べていた公安が、紐倉と小林が会っている写真を持っていた。

紐倉は、論文を瀬見CEOに送っていた。
瀬見は会いたいと言ってきていた。

牧野は、小林千治との関係を紐倉に聞くが、「聞いたことも見たこともない」と紐倉は言う。

瀬見CEOに会いに行く紐倉と高家。
高家は博士のふりをし、瀬見と話そしている間に、助手の山田(紐倉)は瀬見のオフィスへ潜入する。

瀬見のオフィスで、上級会員の治療データを見つけた助手の山田(紐倉)だが、ナンバー2の鈴木に見つかり、走って逃げる。

紐倉は、「バレた。今すぐ出ろ」と高家にメッセージを送るが、時すでに遅し。瀬見と高家が打合せをしていた部屋へ、鈴木がやってきて、高家は拉致される。

高家のケータイから、紐倉のケータイに電話がかかってくる。

電話の相手は瀬見。

「大学試合の教え子だった、紐倉哲です。」というが、教え子なんていちいち覚えてない」という瀬見。

高家は、上級会員専用の施術室に連れて来られ、ベッドに縛り付けられていた。そこで、高家は血清を見つける。

そのころ牧野は、紐倉が瀬見のオフィスから盗んだ上級会員の治療データから、 若返り治療の実態は輸血だったと突き止める。
医療目的以外の血の売買は禁止されているが、治療を受けた全員が違法だということを認識していたはずだと、牧野は言う。

「若者の血液で若返るなんて、まるで吸血鬼だな」という高家。

血漿の中に含まれるたんぱく質は、骨、筋肉、神経を若返らせると瀬見は言う。

「人間は50%の血が体外に流出すると命を落とすと言われているけど、本当かしら?試してみるの。あなたで。」

そういって、高家の血液を奪う瀬見。

「私、歳を取りたくないの。死にたくないのよ。」
奪われていく高家の血液を見ながら、瀬見は言った。

紐倉は小林に会いに行き、まぬけな助手が捕まったので、上級会員が秘密の治療を行っている場所を教えろというが、小林は口を割らない。

紐倉は小林に取引を持ち掛けた。

高家は既に2リットルの血を抜かれていた。

パナシアンビューティー上級会員専用施術室へやってきた紐倉は、消火器を隠し、倉庫に大量の発煙筒を投げ込む。

建物内へ侵入した紐倉は、瀬見に出会う。
紐倉のことを忘れていた瀬見だったが、話すうちに紐倉のことを思い出す。

手が震えている瀬見をみて、血液検査を勧める紐倉。
クロイツフェルト・ヤコブ病にかかっていた。

クロイツフェルト・ヤコブ病は認知症に症状がよく似ているが、発症すれば間違いなく命を落とす。

園田イズミもほかの被害者もクロイツフェルト・ヤコブ病だった。

海外から仕入れた血漿が、クロイツフェルト・ヤコブ病に感染していたのだ。

死ぬのが恐いから、不老不死を研究していたという瀬見。

「進化を遂げるために、生物は死を必要としている。それにあらがうことは科学じゃない。」という紐倉。

最愛の妹のみき子が亡くなり、老いに対する恐怖が生まれたという瀬見。その妹のことさえ、ときどき忘れてしまうという。

瀬見の妹は生前、紐倉に言った。

「私のこと忘れてね。こんな姿になった私を覚えていて欲しくない。今を生きてるひとたちには、前を向いてほしいから。大丈夫、私は幸せだったから。忘れてね。」

妹の望みを知った瀬見は泣き崩れた。

「僕たちは失ったものを受け入れて、それでも生きていくしかない。僕も忘れることにします。みき子さんのことも、まき子先生のことも。」という紐倉。

紐倉は高家を助け出す。

「お前が死んだら、うちの動物たちが困るからな。」という紐倉。

外へ出ると、牧野が待っていた。
小林に牧野たちの動向をリークしたことを問い詰めるが、小林みたいなのはいい情報屋になる。泳がしておいたほうがいいと言った。

紐倉研究所に、義肢装具士の陣内志保が義手のメンテナンスに訪ねてきた。

睡眠薬は足りているか?と聞く陣内。
それを扉越しに聞いていた高家。

その頃、サイエンスメディカル研究所では、御子柴隼人(藤森慎吾)が、 5年前紐倉がアメリカ陸軍と揉めてCDCをクビになったことを掴んでいた。

紐倉は木彫りのマリア像と、火に焼かれる村。
「お前が憎い」という男の言葉を思い出していた。